群れから離れて生きていたい

楽に呼吸できる生き方を求めて

出る杭を打つ"うつ病"レッテル

もしも、「周りは当たり前のようにそれをしているけれど、自分は本当にそれでいいの?」と悩んで悩んで、もがいているときに、

「精神的に病んでいるから、そんなことを考えるんだよ」と言われたら、

どうやって、自分が正常な状態で悩んでいると判断すればいいと思いますか?

出る杭は打たれる。

もう使い古された言葉だけれど、もしも、出る杭に、「うつ病」というレッテルを貼ったとしたら。

それも、その環境で力を持っている、目上の方に言われたとしたら。

これは、「そんな道を選んだら後悔する、人生に失敗する」「ほら、こんなに失敗例があるだろう。人生を無駄にする気か」、他のどの言葉よりも重い言葉なんです。

自分が考えていることは、自分がおかしいからこんなふうに考えるの?
「これは違うんじゃないかな?」と思うのは、私がおかしいからそんな風に考えるの?
「少数派だけど、こういう生き方いいな」と思うのは、私が現実から逃げているだけなの?

「心が病んでいる」というのは、「あなたは正常な判断が出来ない状態だ」と言われているのと同じことです。

「考えて」「決断」するには、自分の軸が必要です。
でも、その軸がおかしいと言われてしまったら、どうやって考えを深めていけばいいのだろう。

私自身、この状態から抜けるのに、4年かかりました。

自分はおかしくない。自分の思考を、感覚を、信じても大丈夫。

ここまで自分を信じてあげられる状態にもってくるまで、本当に長かったです。

私は、ある時期、周りの大人にも、友人にも、「精神的に病んでいる。正常な判断ができていない」というレッテルを貼られてしまいました。

100人いたら99人は選ばなくても、私はそれを選びたいと思った時にね。

もちろん、家族や、親しい友人は、私を「正常な状態」として見ていてくれていたので、傍にいる人達は皆信じてくれました。

でも、ダメなんだぁ。

どんなに自分の傍にいる人が味方でいてくれていても、

「それは家族だからなんじゃないか。親しいからなんじゃないか」と疑ってしまう。

近い存在だから、私の正しい状態を把握できていないんじゃないか?
本当の私は、客観的に見ている他人の意見の方が正しいんじゃないか。

家族だから、私がおかしいのを受け入れたくないんじゃないか?
親しい友人だから、私が傷つかないようにかばってくれているんじゃないか?
私は、周りの人に甘やかされているだけなんじゃないか?

「自分の思考がおかしい」と言われることは、

何かの判断をするときに必要な、軸を無くすということです。

今ならもう、精神科に連れていかれそうになったり、カウンセラーの先生が現れたことも、笑い話として話せます。

でも、4年間抜けきって、本当に思いました。

こっちの方が、おかしくなるわーーーーーー!!!!って。

自分と異質なものを目の前にしたときに、
「あなたの思考がおかしい」というレッテルは、

ずるいよーーーーーーーー!!!!!って思います。

特に、「あなたのことを想っているからこそ、の言葉なんだよ」なんてもう、重たい、重たい鎖になるんですよ。

私をある程度知っている人から言われたなら、

「私を知っている人がこれほど心配してくれるなんて、本当に私はおかしいのかな?」

大して親しくもない人に言われたなら、

「親しくもない人がこれほど心配してくれるんだから、本当に私はおかしいのかな?」

「こんなに私を心配してくれているのに、どうして私はそれに違和感を感じてしまうのだろう。私はやっぱりおかしいのかな。」

もう、情という鎖をかけられているので、抜くに抜けられないんです。

それでも、私はなんとかしてそこから抜けたかったので、

どうやったら、自分を信じられなくても動けるか?を考えて、

「この状態から抜けるには、私の考えを現実化させるしかない」と思ったので、

動き続けました。

本当は自分がおかしいんじゃないか。ということと、毎日葛藤しながら。

目の前の仕事を一つ一つ、確実に積み上げて、

たくさんの、立場の違う方々と、一対一でお話をさせて頂き、

落ち込んで心が折れた時でも「人生をやり直したい」、なんて思わないように、

今ここにある幸せ、今ここにいるからこそ得られる学びに、もうなみなみならぬ情熱を注いで。

そうやって時間を積み重ねて、やっと外せたのが、「自分がおかしいんじゃないのか?」という鎖です。

鎖のおかげで今の私がいます。

でも、わざわざ、鎖なんてかけられる必要はないんです。

私のところにも、同じような鎖をかけられて、抜きたいけれど抜けられなくて苦しんでいる人が相談にきます。

でも、この鎖を解くには、

自分で実際に生きて、自分で自分に自信をつけさせてあげない限り、抜けられないんです。

それがとても悲しい。

異質なものを潰すなんて簡単にできます。

「精神的におかしくなってるよ」これでOK。ばっちりです。

特に、相手が自分の生き方を模索しているような時であれば、

たった一言で、相手を潰すことができるでしょう。

でも、そんなのって悲しすぎませんか。

異質なものを目の前にしたときこそ、楽しみたい。

なんでそんなふうに考えるようになったのかな?
どういう立場で、環境にいるから、そう考えるのかな?
その行動、言葉には、どんな背景があるのかな?
この人にとって、譲れない大切なものって何なのかな?

相手の話をとことん聞いてあげたい。

まずは、私自身がそういう人になれるよう、広い視野と心を持って、人と接していきたいなと思っています。