読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

群れから離れて生きていたい

楽に呼吸できる生き方を求めて

強いということ

仕事や人生が安定しているときは、

安心してしまって、
いつの間にか守りに入ってしまいます。

その心は、気をつけなければ、
あっという間に黒く重くなります。

何か事が起きたとき、
何か外的要因による変化が起きたとき、

自分が何もしていないから、事が起きたことを、

自分が何もしていないから、対処できなかったことを、

自分は何もしていないのに、
なんでこんな思いをしなければならないんだ!
なんでこんな運命になってしまうんだ!

と、誰かや何かのせいにする心に変わってしまいます。

安心できることは幸せだけれど、
気をつけなければ、
油断し、気を抜き、選択が甘くなります。

いつの間にか、
考えることをしなくなり、

これがいい!という選択ではなく、
これでいい。という選択をしていくようになります。

仕事があることを当たり前に感じ、

「これくらいでいいだろう」という甘えや傲慢のある仕事をし、

関わる人に、「これくらいでいいだろう」という心で生まれたものを届けることになり…

悪循環を生む芽を育てることになります。

安定しているときほど、
色んなことが試されるんだと思います。

安定からくる誘惑に負けない強さを持つことが、強くなるということかなと、

そんなことを思います。